土佐清水「海癒」

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

前後しますが

さきの三連休を利用して、
浜田裕介が度々ライブをやってる
土佐清水「海癒」へ行ってきました
以前も少しだけ現地を訪れており
「一度はねを伸ばしに行きたいなああ」
「夏に来たらいいだろうなああ」
と思っていました
嫁を誘っていたところ、マイミクの印さんのお陰で
格安交通費で現地入り。

海癒については、余計な説明をするより
http://kaiyu.in/
を見ていただければ、分かると思うのですが
というか、私もとにかく泊まって、
とにかく遊んできただけなのですが、
運営している、岡田家の人々が、ナチュラルで
とにかく印象的に思ったのでした

海癒は、
中村から車で30分
大岐の浜というところにあります
京都でいうところの「車で30分」とは訳が違います
信号がないので。

ゆったりした景色の中に、サニーグリーンという
リゾートマンションがあります
併設されたのが
「海癒の湯」です
このお湯が、またいい具合なんですワ。

無添加の石けんとやらがございまして
これがたいそう、具合がよかった
シャンプーいらず。
普通、こういうところの石けんで頭髪を洗うと、
僕の場合、ものすごい目に遭うんですが
つやつやしっとり。

海癒の目の前を勾配の急な道を降りて行くと、
クリーンな海、海、海。
近畿のゴミだらけのきったない海と違います。
(無論、掃除には余念がないと思うのですが)
マリンブルーってこないところを言うのでしょうか
波に遊ぶ人たちもまばらでいいし、
嫁と二人、10数年ぶりに
波と戯れて来たのでありました
印さんが採って来てくれた牡蠣もこっそり食べました

サニーグリーンは、正直をいって
老朽化もしておりまして
なかなかに大変そう、とおもって見ていました
客室は、自力でリフォーム。
ネット上の記事を読みますと、
地のもので十分によい木材が手に入って
檜のにおいのぷんぷんする空間が実現していました


思いは、察するところ
「チルチンびと」的なのでしょう
なるほど、と思うと同時に、
まちぐらしの私たちには、計り知れない世界に見えました

リゾート開発から免れた一角であるとのこと
自然に、二歩も三歩も譲ったたたずまいです
これでいいのでしょう

そんななか、浜田裕介と、合奏をしてきました
浜田の家に託してある機材を積んで来てもらうのを
すっかり忘れていました
335と、グレコの安いアンプだけ。
でも、このアンプが、良い具合にあったかくオーバードライブがかかるんだよね。
まんまる月夜があがるころ、
僕も途中演奏を休んでのんびりしていました
浜田にリクエストをしたらよかった
来生たかおの「浅い夢」
しまった。

現地では、浜田夫妻にも世話になりっぱなし
みなさん、
運転しっぱなしの印さんも有り難うさんでした

今度は、また別の季節に訪れたいものです

たたき

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

中村で仕入れて来た
たたきを食べました
現地でも、朝昼晩と、たたき三昧
ほんまか嘘か
タマネギ 紫蘇 にんにく
具を山盛り載せてたたきますねん
そやからたたきいいますねん
調子こいてにんにくぎょうさんいれときよったさかい
あほかいうてましたんやけど
昨日に限って朝から晩まで打ち合わせづくし
会社のみんなほんまごめんね

ホームスイートホーム

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

高知から戻ってきた

いま阪急電車のなか
楽しかったけど
やっぱり我が家へもどるのはほっとする
浜田裕介、印さん、海癒のみなさんありがとさん

ひなたや

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

大方におります
んまかった

あいのり

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

マイミクの印さんに
嫁とふたり梅田でのっけてもらって
高知をめざします
いま阪急電車のなか
ふたばは
嫁の実家で預かってもらいました
感謝

行く先は
いつかはと思っていた
大岐の海癒ってやどです
またおいおい書きます

写真は
いぎす
っていうたべものです
嫁のお母さんがつくってくれます
海藻のようかんみたいなもの
しょうが醤油でいただきます
さっぱり
美味
結婚するまで
こんな乙な食べ物があるとはしりませんでした

ふたりぶんは席が空いてなかったので
嫁とは離れて座ってます

もうすぐ十三です

手紙

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

ひさしぶりに
男らしく働く
扇風機をみた
しっかり夏なのだと
確信する
まちは
浴衣で出歩く
おんなどもの街

ビールでもどうだ
おどけてみせようか
ギターでも
弾いて見せろよ

おまえが思うほど
ブルースはここにないんだぜ
ここが夏ならば
勝負はお預けだ
あばよさらばだ
またこんど

—-
sent from W-ZERO3

ホコテン烏丸

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

おおきな顔して
烏丸通のどまんなかを歩けるのは
この時期くらい

もう、露天の
ニンニクのにおいが充満している

祇園祭とはあまり関係ない
浴衣
また浴衣
はたまた茶髪。

しかも
この数分後
夕立来襲

特急電車は満員で乗車を見送り

疲れた

暑中見舞

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

このこになりかわりまして
暑中見舞申し上げ候

最近は、慣れたのか
馴れたのか
仰向けにビローンと伸びまして
お腹をさすれよと申します

時には見苦しいところをお目にかけるかも分かりませんが
なにとぞ宜しくお願いします

いのししラーメン

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

晩ご飯は冷麺でした
嫁サン、おおきに

おもいだした。
大学生のころ、
夏場、郵便局のアルバイト
昼時になると
チャリンコで
外へ出かけて食べに行った
新丸太町の「キャプテン」
の冷麺
具沢山で、おいしかったな
その後「キャプテン」は、
どういうわけか、京北の方向へ
同じ、チャリンコでは、
相当の体力が居る場所に遠ざかってしまった
辺鄙な場所にあるにかかわらず
どっこい営業中だ
一度食べなければなるまい
冷麺はあるかは不明だが

ところで現在のこの店の名物は「いのししラーメン」だ
餃子もある
果たしてどんなものだろうか

http://kww.jp/cap/

さらさ麩屋町Pausa

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

京都文化博物館で
渋い展示を見た後で
お昼にしました
初上陸
さらさ麩屋町Pausa
です
今はなくなった「さらさ富小路」
の近くにあります

客席は2F
厨房は1Fにある様子
ここもやっぱりさらさ調
ここもあの飲んべぇの大工が絡んでるのかな
と推測

フードは、やはり
お腹いっぱい
また食べ過ぎちゃった。

TOP