Diary200304

2003/4/12
向陽小学校のサクラは未だ大丈夫なくらい。
でもここのところ、休みの日中
ゆっくり出来ていない。
大した用事は何もないのだけど、忙しい。
その大したことのなさに毎度いらだたしくなる。

2003/4/19
きょう一日Crecent eatersのWeb更新で家でおこもりさん。
けっこう時間がかかるのが、レイアウト。
やっぱりHTMLエディタっていう事なかなか聴いてくれないのよね。

昼は一時間ほどは庭に出て落ちた桜の花びらを掃いた。
あれよ、と言う間にゴミ箱はいっぱいに。
静かな一日。

2003/4/27
統一地方選2003。
僕の住む向日市でも市長選で賑やかなここ数週間でした。

久島さんはもと向日市議会議員です。
彼のメルマガなども購読していたので面識がありました。
対立候補が早くから有権者を動員してあちこちで賑やかにやっていたのに対して
彼は何時も西向日の駅でひとりでタスキを掛けて突っ立っていました。
ひとりひとりに丁寧に笑顔で声を掛ける
腰が低く本当に高慢なところがまったく見あたらない人です。
声も甲高く、眉毛もつり上がっていて顔もでかく浅黒く、一見妙な風貌ですが。

彼はここ数ヶ月の間で巻き起こった出来事の中で、あれよと言う間に
私たち4万余の市のトップリーダーとなってしまいました。
近々「久島市長」と呼ばなくてはなりません。
今後は西向日の駅でひとりでタスキを掛けて立つことはないでしょうが、
初心を忘れることなく 今後ますます活躍されることを楽しみにしています。

2003/4/28
きのうのこと。


 夕暮れのスーパーに出掛けると処分品のコーナーに熟し切ったトマトの四個パックが50円でひとつ置いて置いた。大概その汚らしさに避けて通るコーナーだが、今日は売りのがされたら多分ゴミ箱行きになるに違いないトマトを救済することにした。
 「家に帰ったら直ぐに煮よう」と心に決め、自転車のかごにトマトと、徳用品の玉葱をつっこみペダルを漕ぎ、到着するとすぐにキッチンに立った。いつもこのスピーディーさがあれば、仕事勤めの夜の自分の時間ももっとゆっくりするに違いないが・・。

 今日手に入れた「佐保姫」というCDはこのところ厄介になっている 京都の竹田にあるEbony Boxというライブハウスの店主であるMichiyoさんの新譜であるが、これも早々に聴いて感想のメールでも書くか、と思い、鶏肉を切ったり、スパイスにまぶしたりしながら聴くことにした。
 冷蔵庫のなかで半分に裁たれて転がっている玉葱と、今日買ってきた玉葱を切っていると、いつものように涙腺が心許なくなった。包丁を水に晒して切るのだが、要領が悪いのか、何時もそうなる。
でもそいつをサラダ油で鍋の中で炒めると、それだけでとってもいい香りが立つのだ。

 身近にある愛情を大切にね、とこのCDは歌いかけているように僕には聞こえる。テレヴィジョンを占拠している憂鬱なスターダムには無縁の世界。しなやかさも、程良いテンションも、素朴な感動もすべてここにある。
 随所に聞き手を唸らせる技量もキャリアも垣間見ることが出来るのだが、それ以上にごく当たり前に自然な、しかも決して通りすがりの歌で済ませられない温かく心地よい木漏れ日の風情を感じてしまう。音楽とは素晴らしく、熟したトマトの酸味もまた素晴らしい。いつものようにほっかほかのこれにペッパーソースを入れていただくのだ。

 CDは進んで6曲目になった。心なしか気持が震えた。・・きょうはMichiyoさんの歌と、幸運を共有できた四個のトマトに、ありったけの敬意を表してみたい。

2003/4/29
お休み。しかもいい天気。一息ついたら自転車でおでかけだ。

今日のネタは発泡酒「麦之助」である。
オランダ産のビールでディスカウントショップなどにならんでいる。販売価格はネットで調べると88円、95円、100円、110円だが、僕は100円で近所のコンビニで手に入れてきた。
一口飲んで「うーまずぅ~」だが、ふたくち、みくち目には慣れている。
ネットでも「うまい」「ギネスよりオッケー」「値段を見ればナットク」「これで十分」「ジュースより安い」などの意見がちらほら。
一度お試しを。
多分家ではこれで十分なんですよね。家の中で手軽に飲める発泡酒が幅を利かせて、道交法改正も手伝って。お陰で世間の飲食業は干上がってますよね。ホント。


Comments are closed.

TOP