Diary200310

2003/10/1
先月、高知県の中村へ行ったときの話を書いたのだが。

その時浜田が「はなまるうどん」に連れていってくれた。
http://www.hanamaruudon.com/
FCで全国に店を増やしている最中で、このような高知県にも出現していたのである。
実は京都でも新京極に出来たばかりで、今後藤森や新堀川に店舗が出来る。

浜田によれば 生醤油をかけただけの素うどんに温泉卵を入れて貰って、
取り放題の大根おろしやゴマなどをたっぷり載せるといい とのこと。
マネしてみると なるほど美味い。
ああいう類のチェーン店はあまり好きではないのだが
「はなまるうどん」は別だ。
近所にあったらよく利用するかも。

はなまるうどん・コムにはバーチャルセルフといって、
店内のセルフサービスの利用法をシュミレートできるようになっている。

はじめにトレイを取る。
ここでカンサイの親爺の客だと必ず
「トレイを取れィ」などとお約束の駄洒落を言うのだが
これは問題ない。

で、「めしや」と同じようにトレイを進めて好きなものを取ってゆくこととなる。
バーチャルセルフではメニューが出てきて、
それをクリックすると品代に加算される。
最後のレジまで進んでレジスターをクリックすると、
品代の合計を表示してくれる。

これが愉快だったので最初からやり直して、
出てきたあらゆるメニューをクリックしまくってみた。
さて、お会計は?
9370円也。
1万円支払うには苦行のような数のオーダーが必要らしい。
おそるべし、はなまる。

2003/10/2
コナミでまたひと泳ぎしてきた。
あの後 2日後 ふくらはぎがパンパンになって痛くなった。
足が吊ったというより「こむらがえり」だったと思うのだが。

10月よりストレッチの指導がなくなったのである。
そこで自分でメニューを作り
自宅で(布団の上だが)身体をほぐしてから出掛けることにした。
3年ほど休んでいる間に 特に上半身が固くなっていたのである。

今日はこの間の二の舞は嫌なので、小一時間だけ泳ぐことにしていた。
万全ではないので、ふくらはぎの部分には気を遣う。
20分ばかりの間 休みを取りながら、ブレスト、クロール、バックと泳いで
あと30分はバタフライの初級の指導を受けた。
さすがバッタはみんな苦手科目とあって受講者が多く、
オッチャン オバチャンの群れに混じって泳いだ。
流石にニガテなバッタについては ドルフィンキックのやりかたも
まったく記憶の中から消し飛んでいた。

プールから上がったサウナの中で
体力作りに如何にも余念のないようなオッチャンが
「今日は空いてるさかい よう泳げたやろ」と話しかけてきた。

特に目的も目標も何もないし、他人様から見ても
「まぁ人並みに泳げる」程度でいいのだから
気楽に疲れない程度に続けてゆくのである。

2003/10/3
ご飯の残りがたまにあると炒飯を作る。
この日記に以前「炒飯」が巧くできないと書いたが、
今晩のそれは私が自炊を初めて最高の出来であった。

勝因ははっきりしていた。
つまりご飯、これにつきる。
タッパに入れて冷蔵庫に保存していたご飯なのだが、
木へらなどを使って事前によくほぐしておくこと。
これをするか、しないかだったのだ。
中華鍋に対してもよい頃合いで油をなじませておくこと。
この双方がうまく実現すると、中華鍋を振るだけで
パラパラッとお米が返り、焦げ付くことがない。

これにて作られた炒飯には、手の込んだ具など要らないのだ。
今晩のそれは キムチと卵だけであったが、十分に美味かった。
中華鍋万歳。

2003/10/4
フェズインターナショナルから刊行されている
Pdfファイル形式の技術情報誌
「4D Developer Journal」この度の27号に
拙筆「はじめての4D View」が掲載されているのである。
http://www.fes.co.jp/
すごく端折った言い方をすれば、プログラミングのお話なのである。
素人の癖をして、怖いもの知らずである。
まだまだネタはあるので、次々に書いてゆこうと思うのだ。
すべてシロウトによる、シロウトのための、という主旨なのだが。

油断をして風邪をひいてしまった。
昨日居眠りをしたのが決めてとなってしまったらしい。
もう寝るのでここでおしまい

2003/10/5

昨日、先日のポッポ自転車店までチャリを漕いで行った。
2003年モデルがトレック・クラインから少量出ました、とのこと。
見ると、カーボンのフレームが組み込まれたバイクが店の中に鎮座ましましていた。
知ったかぶりをしていうと、こやつがTREKのOCLVっちゅうやつで、
かのランス・アームストロングがツール・ド・フランスで使ったヤツなのだ。
(・・の廉価版のはず)

年配の紳士ならば「ほう、細工がこみいってますなぁ」と言うのだろうか、
くい、と持ち上げると信じられないほど軽かった。
ブレーキにはシマノのアルテグラという部品がついていた。
ゴルフや釣り道具で見かけるアレだ。
フレームだけで36万とのこと。
初心者がヴィンテージのギターを手にするようなものだ、と溜息をついたところだが、
ギターではないので二台も三台も持つつもりはないので、迷うところ。
急ぐ買い物ではないので、もう少し色々見て勉強することに。


さて、今朝は昨日調子を崩したので、半日は休むことにした。
Crescentsの練習もサボってぐっすり寝たので、昼過ぎにはすっかり良くなっていた。
昼過ぎに約束があるので、そちらは出掛けることにした。
気が付くと良い天気。
丸太町の油小路を入った処に布屋という民宿が出来ていて、
この一階の土間のところで小じゃれたカフェが出来ている。
最近よく見かける町家再生で珍しくはない作りなのだが、
ロケーションも手伝って、静かで落ち着くカンジ。
ケーキも美味しく頂いて、そこからはひとりで歩いて帰ることにした。
丸太町で地下鉄に乗ろうと思ったが、気が変わってさらに河原町までも歩くことにした。

寺町丸太町にトヨタという古道具屋が昔からあって、
これという買い物はした試しがなかったのだが、
今日通りかかると古いヤマハのFGがあった。
先日日記に書いたFG580の廉価版のFG150というやつだ。
市場では「赤ラベル」と言われている初期のものが人気があって、
もともと1万5千円だったものに7万もの値段が付いている。
これは後期のFG150Fというもので黒いラベルがサウンドホールの中にある。
評価は落ちるが、それでも30年そこそこの歴史を物語る風合いというものがある。
弦も切れてマトモに張られていない状況だったが、
弾かずしても5弦をビーンと弾くと良い音色がした。
8500円の値札が付いていたので迷わず買った。
存外しっかりしたハードケースが付いてきて良い買い物だった。

ハードケースには「Inagakki」というロゴが入っている。
ネットで調べると、長野県伊那市に「伊那楽器店」というヤマハの特約店があるようだ。
どこをどうして京都までやってきたのか分からないが、
我が家で真新しいマーティンの弦に張り替えられたFG君は、
新しい人生を送ることになるのである。
うーむ、どこかチープだが懐かしくて良い音。
一度T/Oでも使ってみよう。

浜田裕介も先日FG-170という希少機種を手に入れて使っている。
これも大層よい鳴りである。

2003/10/9

マニフェスト、という言葉が頻繁にきかれるようになった。
私はどうしても産業廃棄物管理票のそれを連想してしまう。
最近のそれは政権公約との意味だそうで、
ネットを検索すると各政党のそれがずらりと並んでいる。
政党内でも意見の分かれる事柄は幾つかあるので
それを巡って時には厄介も起きている。
ナガサキでは諫早の干拓の件で菅・小沢の遊説が
取りやめになったと聞く。

マニフェストを読んでみるとまぁ
小難しい事がたくさん並んでいるモノだ。
文章を書くことは好きだが、
人の文章はまるっきり得手でないので
(だから何時も駄文なのだ)
なかなか読破するのは苦労ばかり感じるが
せっかくのものなので、せめて選挙の前には読もう。

さて、目を移すとこんなニュースが。
「岡村孝子、石井浩郎が離婚」
岡村曰く、彼とは価値観があっていると思ったが、
結婚してみると全然違った、とのこと。
岡村は寒がりで、石井は極端な暑がり。
夏場、岡村が妊娠しているときに、
石井は構わず部屋の冷房を20度まで下げたこともあったという。

オオエ思うに、
「価値観が違ったのではなくて、
人の価値観を受け容れる柔軟さがどちらかに欠けていた」
のではないか。
僕自身おこちゃまだから、賢明な読者の皆さんは
「オオエさん、オトコとオンナ、そんな甘いもんちゃいまっせ」
というかも知れませんがね。
「価値観」が同じ人だけで作る社会。家庭。
本当にそれでいいのでしょうかね。

結局ナンだろう。
営業努力だけで勝ち取った結婚なんて、そんなものじゃないかな。
ナンヤラの遠吠えかも知れませんが。
そういう見方をしていたから、お前は、って思うかも知れませんが。

考え方は人それぞれありましょうが、
自然にありのまま向き合って、さて、どうだというものでないと。
所詮他人だから、だからこそ、なんだと思うのですがね。

そこで、どうだ、求婚のときにマニフェストなんてのは。
発行するのは自分一人だけですから、民主党みたいに揉めませんよ。
一票を投じる方々の目安にもなりましょうから。
さぁどうだ、世の男達・・。

2003/10/28
iPodを買ったので、ついでにOSXも使うことにした。
非常にOS9にこだわって来たのであるが、
どっこい案外ええやん、OSXなのである。
一通りのものは大概揃ってしまっているし、
これで十分やん、と思ってしまう。
PhotoshopやGoliveとかも上げようかな、と思ってしまう。
かつての大ぼけ「ことえり」も使える程度に鍛えられているのだ。

シンプルテキストをめちゃめちゃ多用していたが、
これを機会にテキストエディタも「iText」に乗り換えてみた。
これもサクサク、いい感じである。
全部が全部というわけには行かないのでしばらくOS9と併用ですが、
未だの方は如何かと思うのである。


Comments are closed.

TOP