Diary200405

2004/5/2

HDRを買ったので、古いビデオをDVD-Rに落とす、
なんていうクーダラナイことを毎度やってます。
管理状態が悪くてカビが生えたのやら、
巻き戻し中にプチッと行ってしまったのやら
ビデオも永遠の保存媒体にあらず。
で、今見ているのは「世良公則とツイスト」の再結成ライブだ。

ドラムは忘れちゃいけない「ふとがね金太」その人である。
いまは俳優としてやっているらしい、知らなかった。
ミッキーカーチスや勝野洋、大森うたえもんと同じ事務所だ。
本名は占部隆一 、生年月日は昭和30年10月25日 。
出身地は福岡県 趣味・特技はドライブという。

「だからなんだと言うわけではないのですが」

それにしても世良公則の過剰なアクションはなかなか見ていて疲れる。
でもなかなかギターは上手いのである
おっと、松浦善博氏、日本でスライドギターを弾かせたら、という
定評のある人だし、
ベースの鮫島さんはご存じの通りハウンドドッグへ行ったのだが、
息子さんも役者をしているらしい。

「だからなんだと言うわけではないのですが」

この再結成よりまた6.7年経っているのかな。
再結成って「嗚呼、やめときゃよかったのに!」と見ていて思うのが多いね。
再結成でなくても、例えばブランクとか、大きいですね。
過日 岡村靖幸見に行った知人が
「デブになってた。ステージアクトも最低、金返せ!」
って怒ったことを思い出します。
ツイストの場合はどうだったのでしょうか。

「だからなんだと言うわけではないのですが」

..ですけどね。

2004/5/17

最近 日記がパッタリ停まっている。
書いて、消して の繰り返しなのだ。
読みかえして、
客観的に見て
つまらなさ/くだらなさに消す。
嗚呼、低調。
だってー。
こんな案配ですもの。



井上和香、24歳。
最新水着写真集は「わかしぼり」らしい。

インタビュアーの女性の質問は
「いったいナニを絞るんですか」
「絞ったらナニが出てくるんでしょうか」
ほっとけ、と返せ、と思う。

「井上和香は通称ワカパイでいいんですか」
「プロポーションなんですが、いつから、こう、大人の…」

他の質問で
「男の人から口説かれる機会も多いと思うのですが」
応えて「は、砕かれる?」
絞るわ、砕くわ….
おどりゃー。

乳ガンには気をつけて。
月に一回しこりがないか確かめるのです。
なんならわらしが。
イテテ…..


2004/5/18
17日に続けて書くのである。



うたについてこの頃色々と考える。

うたをやる上で法則があって、それは口を酸っぱくして言われて来た事だが、
それが明らかになっているのに、歌がそう簡単にものにならない訳がある。

人はコンピュータにたとえると、
それぞれちがうOSが走っているようなものだ。
土台は同じその処理について
そのOSできちんと処理が実行されるために、
どうすればいいのか、見つけにゆく それが苦心するのである。
それを見つけてくるためには、
誰かの手を借りる場合もあるかもしれないけれど
やっぱり自分自身が一番の働きをするんだよなぁ。

僕自身も、歌はコンプレックスそのものでした。
でした、じゃなくて、です。
最終的に、どんな歌が歌いたいのか。
そんなイメージゴールもまだないのである。
さて、どこへ行くのやら 誰も分からないのである。

2004/5/19

先月末
自転車を手に入れたので
兄にご同伴願って
木津まで走ったのである。

自転車はロードっちゅうやつで
まったく知らなかったのだが、
漕ぎはじめながら
靴底にペダルをパッチンと填めて走り出すのである。
んでもって、停まる手前で上手にパッチンと
外す。
是がなかなかうまく行かんのよ。
外れないと、足が地面につけないので
当然コケる。
絶対コケてたまるか、と思っていたが
帰りの外環の信号待ちで遂にコロンと行ってしまった。
流石に疲れていたのである。
んな訳で
ちょっと車が多い路は嫌なのね。

道中 お小水を、と思って
持ち物をつまみ出してみると
なんか感触がない。
うむ~サドルが堅いのか
振動か、
その違和感は帰っても取れず、
このままインポになったらどうしよう~
と思うくらい、これが痺れきっているのであった。
後でWebで探してみると、
どうやらよくあることらしい。
そのためにサドルの真ん中が割ってある奴や
ゲルが入っていて若干お優しくなっている
ものがあるわけである。

念のため
大事な部位なので
会社の帰りに回生病院へ。
向日市の病院で泌尿器科はここだけである。
採尿を済ませ、先生に見てもらう
ゴム手袋でつまみあげられながら
「まぁ、日にち薬ですな」
良かった。

予想どおり、筋肉痛は少し遅れてやって来て
その痺れも取り去るまで一週間ほど掛かったのである。

2004/5/20

先日、スーパーのアイス売り場でふと立ち止まってしまった。
チョコやあずき、ハーゲンダッツに混じって
「焼きいもアイス」と大書された箱があった。

自分がまだ学生の時、夜に集まっていて
その中で一人が「焼きいもアイスが食べたい」と言い出した。
じゃ、買いに行ってくるわ、と
原付に跨がり走り出したのは午後11時くらいだったろうか。
2.3時間 コンビニなどを探しまわったが
目指す「焼きいもアイス」はなかった。
結局、コンビニでは ありふれたアイスを買った。
がっかりした連中と、公園でアイスを食べたのである。

それからその「焼きいもアイス」は幻の存在だったのだが、
夏に伊勢の神島(三島由紀夫の「潮騒」のモデルになった島である―
にキャンプに行ったとき、偶然 港の駄菓子屋で見つけたのである。
噂に聞いた通り、焼き芋そっくりの形状と味覚であった。
忘れもしない、日航機が御巣鷹山 に墜落したその日
1985年8月12日である。

やはり、先日も買って来て、食べてみた。
その時と違って300円くらいで数個入っている。
この世界のどこかで生き続けていたのだろうか。
こんな子供だましみたいなものが結局心を奪ってしまうものだと
しみじみ思いながら食べている。

2004/5/22
スーパーで買い物するのにももう慣れっこだ。
日曜日ともなると、おばさまたちは余所様におかまいなしだ。
割り込み、通路を塞いで野菜の物色だ。
でも遠慮は損なのだ。
それでそれ相応にうまくゆくのだ。

レジ待ちで
後ろが並んでいるのに
「アラ~ごめんなさい」と忘れていた買い物をとりに走る。
ご夫人方の定番である。
甘やかしてはいけないのでメンチを切る。

いつも気になるのはレジ待ちのときのさきのご夫人の買い物かごの中である。
牛乳パックが3つも入っているのには驚く。
カルシウム家族なのだろう。
値引きになっていなくても関せず高価なスモークサーモンが入っている。

そうそう、うっとうしいのは相当ジャマになるガキ連中だ。
コーナーを遊び場にしている。
公衆の面前で子供を叱らない親が増えている。
そんなのは膝蹴りをしたり、足を踏んだりしても良いのである。
天に代わってお仕置きがふさわしいのである。
実行した場合のトラブルについては責任は追いかねるけど。

2004/5/29

烏丸三条近くの「素夢子古茶家 」でお茶を飲んだあと、
ぶらぶらと歩いて新京極へ。
汗ばむ陽気だが三条通は賑わっているのだ。
三島亭の一筋南を入ると
アンティークの「ライト商会」が今でもちゃんとあって、
嬉しい事にカフェも再開していた。
品物が増えて1Fのスペースを二階に移しての事だろう。
また今度行ってみよ。

ここの向かいの建物には以前パチャママというチープなカフェがあった。
まだ堺町に住んでた頃にはあったっけ。
その時付き合ってた子と行ったっけ。
プリクラもとったような。
そうだ、懐かしいなぁ。
そこは今は違う店が入っているようだ。

詩の小路のプラスティックヘッドというお店で
COOL SCATっていうブランドのシャツを買った。
先日、ライブ前の休みにに出かけてfホールマークのついたジャケットと
9Headsのパンツを買ったのである。
The Whoのロゴの入ったTシャツとか、色々あって楽しげ。

この後またぶらぶらと御幸町を歩いて四条へ。
SHIPSに寄ってまたシャツを買い足したのである。

ついでに最後 高島屋によって地階の融合っていう
アジアンのお惣菜などをやっている店でお弁当を買ってかえった。
デパチカには「これでもデパチカか」と思うような
返り討ちにあることしばしばだが、ここの弁当はうまかった。

2004/5/30

高知県の郡部の小学校に
「スクール水着15着を用意しないと
学校の施設を破壊する」
などという脅迫文が貼付けられたそうだ。
水着を用意して張り込んでいたところ
20歳の男性が捕らえられたそうである。

なぜ15着だったのだろう。
10着では物足りなかったのかな~。

それにしても高知県は広いのである。
盟友浜田の住んでいる中村からは
何と150kmくらいあるのである。
こんなに広いのに無印良品は1店舗しかない。
京都だと10店舗あるのに。

事件のあった場所は大好きなゆずしょうゆの産地の
「馬路村」からも近いのである。

2004/5/31
まごまごしていると日付けが変わってしまったのである。

過日業務スーパーで冷凍牛丼を買ってみた。
5つ入って500円もしない。
ライブを見て空腹で帰って来たので、ご飯をチンして
(今日日のレンジはチンとは言わないが)
喰ってみた。
やや吉牛よりも肉の質は落ちるが、
これはライブハウスとかで出て来ても冷凍とは気付かないなぁ。
まぁまぁいける。
牛丼も久しぶりだ。
お惣菜や紅ショウガなどが巨大なパックで400円で売っていたり
外食産業の舞台裏を見る思いだ。
そうそう、昨日は心斎橋でライブ見た。
Pleasuresってバンドの。
函の6周年のイヴェントで
40分クールで色々なバンドが出る。
大阪はこんな函多いわ。
地下にあって、席がなくて、フードがなくて、せまくて。
火が出たら如何せむには。
でもライブは良かった。
素直に、ワレも頑張ってみよ、と思った。


Comments are closed.

TOP