Diary200412

2004/12/13

堅い話で恐縮である。

北朝鮮に経済制裁をというのが世間のムードである。
軍事制裁までも、と物騒な事を言う政治家も居る。
母国の脅威であり、メンツを潰し、自由を脅かすものだという
そのようなプロパガンダが用意されていれば
世論は厭でもそっちを向く。
経験値から得られたものである。

ムードに支配されてきた健気なボクたちは、
なかなかおいちょっと待てよ、
と言いづらいものがあるのかも知れない。
でも慎重論はあって然るべきものである。

確かに嘘はいけない。
ヒトさらいも許されない。
だからと言って反対意見に口封じも厭な風潮だ。
国なんてものはキタナイものである。
戦争したくなったら大急ぎでほっぺをつねりなさい。
全てがズタボロになってからでは遅いのである。

だいいちあの貧しい国にミサイルを撃ち込んで何になるのだ。

2004/12/19

山科のMANDARAさんまでよくカットに行くのですが、
その途中に立ち寄るとある店がございます。
山科の駅前、京阪の踏切を渡って直ぐ、
喫茶の地階にある、グリル二羽(フタバ)です。

インターネットでも、情報誌でもまったくの無名の店で、
内装もこれはグリルって雰囲気やないなぁ~というふうな窓もない、
素っ気のない様子です。
私はここのオムライスが非常に好きで、数度通っております。
京都市内の洋食屋さんで提供されるそれとは若干様子が違いますが、
ここのがダントツでいいと思います。

ライスはありがちなべちょっとしたケチャップライスでなく、
ほんのりスパイスが利いている感じで、
その上に非常に大胆に、プワプワの卵がそのライスを覆い隠します。
掛かっているソースはトマトの酸味が利いたもので、
卵とのコンビネーションが良いようです。
あと、小皿にさっくり盛られたサラダが付いてきます。
この加減もいい感じです。

オムライスしか食した事がないのですが、ハンバーグやクリームコロッケも
美味しそうです。
厨房の奥ではコックさんの大胆な動きによるフライパンのカンカン、
カンカンという音が響いております。
地上にあって、日差しがいっぱい差し込んで、という環境ならば、
ここのお料理もさぞ美味しく頂けるだろうになぁ、と思います。
よければ一度どうぞ。
営業時間は把握しておりませんが、今日は日曜でしたから、
日曜の夕食時間は営業していると思います。


Comments are closed.

TOP