Diary200503

2005/3/1

豊かさとはなんだろう、とふと立ち止まる。
一見裕福に見える暮らしも、
それに応じて経費は大きくなる。
リスクも増えるし、ちゃらちゃらした
飾りのある暮らしもあまり好く思えない。

屋根があればええやん、と思う。
屋根のない人たちが、橋脚に身を寄せながら生きている。
屋根のない人たちは、特別な人たちでなく
ついこのあいだまでは、
私たちと同じような暮らしをしていたヒトが
非常に多いことを
理解しなければならないんじゃあないか

屋根のないヒトも、
刃で誰かを突き刺したヒトも、
僕自身の残像なのかも知れない
あなたなのかも知れない
と思う。
善い行いも、悪行も、
豊かさも、貧しさも、
根っこは「ただのヒト」にくっついているだけのものだ。
それは、どちらへも転ぶ。

豊かさとは、加減が必要なのだ
カネは、ちょうどいいくらい、の手前が良いかも知れない。
でももうそろそろ、カネから自立しなければならない。
貧しい国、と呼ばれる国の人たちが、
本当に不幸なのか、よく考えなければならない。

2005/3/2

Sleepy Teaっていう包みの封をシュッと切る。
アツアツのお湯を注ぐと、
ハーブのにおいが拡がる。
「ハミガキコみたいやなぁ」と思いつつ
ずずっと啜る。

まだ寒いけど
とうに峠は越したなぁ。

Sleepy Teaのお陰と言うよりは
自分の体内時計で横になる
気が付くと午前五時
蛍光灯はついたままだった

2005/3/3

ひなまつり。
社食ではちらしずしでした。
やっぱり。

里谷多英の案件は、
なかなかロコツに響いてきます。
芸能人スキャンダルとしては
レポーターの皆さんにはオイシイオイシイ。
ついつい、なんでしょうが。

「破廉恥」とか
「みだらな行為」とか
そういう一種奥ゆかしい表現が
いやにオカシイ。
そう思いませんか。

さてさて、事後どういうリアクションが
得られるのか
あれこれ思ってしまいます。

「破廉恥」とか
「みだらな行為」とかは
公衆の面前でなければ
大凡誰しもしている事なのですが、

たとえば会話で
「最近破廉恥してる?」
とか
「昨晩はみだらな行為だった」とか
あったらヘンやね。

どこもかしこも
人間即ち「破廉恥」な存在なのかも。
「破廉恥」って、どこか
「フレンチ」とかに響きが似てるね。
いや、もぉ、どうでもエエ話でした。

2005/3/4

昨晩はリゾットを作った。
トマ缶だいすき。
あまりご飯はよくできるから、
雑炊、おかゆ、焼飯はよくする。
リゾットはひと缶で結構できます。
実体は100円の缶詰と、ご飯だから、
節約家族におすすめ。
ピーマンと、ウインナーの残り、
安売りのミックスベジタブルも入れました。
そうそう、チーズもね。

目を使う仕事でしかたないけど
眼精疲労がたいへん。
この辺でおしまい。

2005/3/5

カフェひとつみっけ。
長岡京市勝竜寺。
小畑川ぞい、という
ロケーション
とってもお店はいいけれどぉ~
外の通りはダンプががんがん走ってます。
Cafe Kobaさんっていいます。
ケーキもおいしいです。
内装もカワイイですぞ。
晩の7時にはお店は閉まってしまいますが
近隣で働く人は帰りにどうぞ。
水曜日がお休みだそうです。
http://www.koba-c.com/

そうそう、明日ライブです。
今回は、
サックス奏者が二人も増えて、
パーカッションのYUKAちゃんももちろんいて
ギターソロも少なくて助かるわ(笑)
近年にもまして
結構楽しくやってますので
見てみそ
遊びにいらして
ふぉんて~ぬ!(まね

2005/3/6

九か月ぶりの楽しいライブでした。
今後も日々、向上を目指して
何事も精進、精進です。
好き嫌いはございましょうが、
それでもひとりでもたくさんの人に受け入れられる
楽曲と、
わたしたちらしさ、を大切に
「いけるとこまで」いっときたいと思います。
私は歌については
やはり亀状態の進歩、でして
振り返り、振り返り
まぁ、後ろに引きずられていないことだけが
せめてもの救いかと思います。
いつかは息をたっぷりと使った
空気を振動させるようなうたをうたいたい、
そうでなくては、と思います。
いまは大目にみていただきたく
心よりご挨拶申し上げる次第です。
また、長い付き合いの仲間たちにも、
これまた今さらながら感謝を述べたく思います。

わたしが歌った「夜汽車の男」は
バンドに持ち込んだときには
歌い手が誰になるかはなんのこだわりもなかったのですが
今から思えば、
自分が歌うために、
持ち込んだ曲のように思います。

夜と、朝のゼロバランスを維持したまま、
もう少し、本当の大人への旅に
自分を駆り立てたい
と感じています。
なにぶん大きな音しか出ませんが、
今回来られなかった人も
ぜひまた運んで下さいね。

2005/3/7

またもや、くだらぬ話で恐縮である。
ウルトラマンAである。
あなたならご存じであろうが、
ほかのウルトラマンと違って、
成人男女が、リングを重ねあわせることによって
変身を遂げるのである。
わぁお~

途中で女性隊員側の南夕子が月に帰り、
その後は左右に填めたリングで
男性自身がひとりでさみしく変身というふうに
変更になる。
私は今日の今日まで
「男女がゴールデンタイムに合体するのは相応しくない」
という理由からだ、と聞かされたのを
鵜呑みにして信じていたが、
さにあらず、とある筋によると
あれをまねして合体を試みる少年少女が後を絶えなかった
もとい、けがをする子たちが続出したからだ
とのこと
しかし、ホントのところは
実は女優が降板することになったので
ということが正解らしい。
やれやれ。

製作現場はこの作品は変更やらトラブル続きで
なかなか大変だったらしいです。
暇やったらネットで探してみて下さい。

2005/3/8

すこし
寒さが和らぎましたね
夕方
電車から降りるそのときも
気分がすこし違います。
もう少ししたら
冬物も徐々に片付けましょう

この冬は
いかがでしたか?

2005/3/9

どうもこの春は抵抗力がない
また風邪のひきなおしだ
今年はどうもスタートがよくなかった
未だに足をひっぱられている感じ

ずっとではないが咳が出る
もう長いので胸が痛い
医者へいったらただの風邪と言われて安心した
それでも駅に降り立ったとき寒気で震え上がった

ぼおっっとしながらスーパーに寄って
少しの食材を買い求めた
レジを済ませるとカゴから袋に移し替える作業を忘れて
店の外に出てしまったからかなり恥ずかしかった

家へ帰って他人とじのうどんにした
ねぎは大袈裟に沢山入れた
ぼぉっっとしながら作ったので少し辛かった

それでも花粉症よりは治る風邪のほうがまだましだ。

2005/3/10

横になっていなくてはと思いながらも
こういう時に限って目が覚める
あれがしたい
これがしたい
と思う。
時間が長く感じる
早く夜があけるといいのに
やはり徹底的には病状は悪くないから
職場にはいく
仕事はたくさんあるから
なんとなく気が紛れる

早く好くなりたいものだ

2005/3/11

調子を崩してしまったおかげで見られなかった
京極弥生座のレイトショーで
「東京タワー」
20代のオトコノコと、40のおばちゃんのカップリング。
そんな都合のいい話ないやろ、と思いながらも
案外ピカーンってくる時って、
そういうものなのかも知れない。
最近の四十路って若々しいからなぁ。
僕のことは一切自己弁護しませんが。

朝の番組で
松本潤が
インタビューに応えて
確か「こんな恋愛してみたいですか」という問いに
「恋がしたいですね」
と素直に答えているのが妙に印象に残りました。
ジャニーズの男性諸君ってそうですよね。
でも
「恋がしたい」と言えること
これは相当重要です。
私はその台詞、チェックを入れてみました。

自分の場合20前後の女の子が相手だったらどう?
ってなことも思います。
多分、負い目を感じるでしょうね。
ちなみに20歳年上の女性はお断りです。

2005/3/12

けふの話題は
ライブドア×フジテレビ・ニッポン放送の問題
遠巻きに見ている自分は、
かように思うのです。

いかにもIT青年実業家、ふうのホリエモンが
パソコン嫌いのベテラン議員さんの批難を浴びていらっしゃいますね。
私は、ホリエモンをテレビで見るたびに、
首から白い紙のまえかけをして
焼き肉やでユッケやミノやビビンバやキムチをばりばり食べ
生ビールを飲んでいるのを
容易に想像してしまうのです。
うっすら汗をかいているときなどは
きっとあの汗には牛脂が含まれているに違いない
と信用してしまいます。
あの風貌でラフなあの出で立ちですから、
町工場から叩き上げで国会にまでのぼりつめたという
代議士のオ先生方には、
なんじゃ、礼節しらずの男であることよ、となることではないか
と私は想像を膨らませます。

しかし、しかしよ、と思います。
私は牛脂の肩は持ちませんが、
まず、株を上場している以上、このようなことは起こりえたはず。
大株主様のライブドア様が、
業務提携を、と仰っていて、
やつには会わぬ、というのは中身のない話ではないかと思います。
それがいやならもとより、上場はしなければよい
たぶんニッポン放送の皆様が、牛脂を嫌っているのでしょう。
でも察するところ、焼き肉が好きな人も、
焼き肉のことは話も出来ない雰囲気なんですよね。
あの、ニッポン放送の従業員声明は、どっから出たのでしょう?
あれは、なんなのでしょう?

会社はかわるものです。
人がかわり、街がかわるように。
ニッポン放送以外の企業で、努力しながらもリストラにあった人もいれば、
自分の主義主張関係なく、関連企業に放り出されたり、
ギブアップを言わざるを得ない部門に
送り込まれる事例だってあるじゃないですか。
そちらのほうが問題と私は感じます。
ただやりがいのある、エキサイティングな仕事にしたい、
社員はただそれだけを思っているだけなのではないでしょうか?

話し合いにも臨まないなどは、なにが理由なのでしょう?
ライブドアが別段汚い手を使ったという訳ではないと思います。
法ギリギリの線だとしても、
それはどこの場においてもある程度利用する手口ではと思います。
新株予約権のことも、本来の制度の趣旨からは
かけ離れたことだと私は思いました。

状況が変われば、潔く結果を受け入れて
その中で工夫模索するしかありません。

ですから
この問題が与える影響が
それほど大きいことと私は思いません。
その日暮らしの一般市民は
なんやねん、あれは、と思うばかりでしょう。

2005/3/13

週末というのに風邪でした。
用事もあるので出掛けましたが、
それ以外は死人のように床にてひからびておりました。
風邪はいけませんよ。
人生の損失です。
本当にそう思いました。
久々に風邪薬など飲んでいると、
胃が薬で荒れてきました。
のど飴もいかんとです。
咳で胸も痛みます。
いかんともしがたいので今日はこのへんで。

2005/3/14

さて、会社でXPノートを購入して貰えることになりました。
プログラムのお勉強をさらにきちんとやるとです。
私としてはパナのLET’S NOTEを熱望していたのですが、
気が付くと、DELLにすり替わっていました。
ちょっと重いし、バッテリも長持ちしないのだけど。
まぁ、ないのと雲泥の差です。

パソコン習熟度って。
多分再就職の時って、シスアドとか持っていても
ないよりはいいけど、果たしてどうだろう。
僕なんか、普通のヒトに毛が生えた程度ですね、きっと。
本職のSEのヒトって、やっぱり知識の程度が全然違いますからぁ
残念!

風邪はよくなりそうです。
ただ胃酸過多になっているのがちょっと気になるなぁ。

2005/3/15

お米と灯油がそこをつきました。
灯油、は微妙ですね。
最後の一回
どれだけ買おうか・・
と悩みます。
暖かくなってから
使いようがないものね

米だけは
安物買いはいけません
一人暮らしじゃ
5KG以上は買ってはいけませんね
以前スーパーで安いものを10KG買いましたが
かなり後悔しました
ああいう脚色のないというか
善し悪しがかえって如実に分かります。
安物はとりあえず香りがよくなかった
臭い感じがしていました。
次回も生協のお米でよさそうなものを選びます。

2005/3/16

あれよ、という間にまた20日が迫ってくるのでした。
また原稿を書かなければ鳴りませぬ
あきっぽいものぐさ太郎ちゃんにしては
10数回続いているこの原稿かき
読んでいるひとがいるのやらいないのやら
私の原稿は印刷されて店頭にならぶ代物ではございませぬ
電子上の書類であって早く言うとダウンロードするためのパスワードを売っていらっしゃる。
年間購読料は12000円もするのだが
毎号投稿がすくなくて印刷するとペーラペラだ
購読者も少ないからやっているほうも赤字だし
ここだけの話原稿料も貰っていない
だいたい私の書いたプログラミングの記事などと言う
はたしてかような怪しげなものが罷り通ってよいものか悩む
それでもなにかの足しにしておくれ
とにかく搾って何も出そうもないカスカスの知恵から
それでも味噌が出る位きつく搾ってみるのでR。

2005/3/17

さて、差別偏見はいけませんが、
それでも「チャーシュー丼」については例外で
僕のそれはたいそうあります。
だいたい、
・ラーメンのチャーシューと共通である
・ラーメンのねぎと共通である
・しかもそれをラーメンと一緒に食す
これはとってもいけない事と思います。
ラーメンやの親爺さんは
「しめしめ、一つの食材でメニューが増やせたわい」
などと満足げに洩らすに違いありません。
でも、どこもかしこも、
やはり店にはサイドメニューとして
立派にかようなメニューがのさばっているのですから
私たちの騙されようもたいしたものです。
しかも、生姜や海苔なども載せ、
それなりに味のあるたれなどかけられた暁には
まんまと罠にはまっているに違いありません。

何度も言いますが、
「チャーシュー丼」などという
まがいものに騙されては行けません。
もちろん同類の牛鮭定食などもユルされません。
私はうどん屋のおいなりさんが
一番正しい行き方だと思うのであります。

以上。

2005/3/18

会社に申請していた
DELLのINSPRION|700Mが
やってきました。
Windowsプログラミングを勉強するのです。
今のところ何も分かっていない状態ですが、
こつこつやります。
やはり重いです。1.9KGもあります。
しかもバッテリは3時間しか持ちません。
もちろんエクセルも、ワードもはいっておりません。
IEと、Outlookと、あとはアクセサリの類い
DELLが用意したピクチャビューワ
その程度です。
実にあっさりしています。
まぁその方がいいんですけどね。
ゴテゴテついてる
分けの分からんものを後々アンインストールするよりは。
これって、iBookと比較してどうでしょう。
iBookとかOSXとかのほうが、
品物やスペックがいいかも知れません。
ユーザーフレンドリーな感じもするしね。

2005/3/19

卒業。
といえば
斉藤由貴のそれか、
尾崎豊のそれか、
菊池桃子の歌ですかね
「制服」なんてうたもありましたね
まつだせいこ
でした。
あちゃら語では、ユニフォーム。
でも
「制服」って書くと違う響きがありますね

自分にとって
退職、はあっても
卒業はないですよね
考えてみれば

2005/3/20

日曜日。
くれせんの練習はキタノとふたりだけ、
と思ったらベルベットアケタニもやってきた。
3名で小規模の練習。

東武線の踏切事故。
だいたい1時間のうちほんの数分しか開かぬという
「開かずの踏切」(井上陽水の曲を思い出す)
過失は、過失にしろ、
踏切係だけが処罰されるのは納得のいかない話だと思いませんか。
本当にマネジメント側が現場と問題意識を共有できていたか否か。
「違反操作」に及ばざるを得なかった事情の根がいかなるものであるか
関係者が我が身に置き換えてよく考えねば。
ま、私の乗っている電車も一般道路の車両を待たせているのですが。

本当に残念でしかたがない思いばかりがしております。

2005/3/21

浜田裕介の「トラヴィス」の
最後に歌われている「日々」は
僕のことが曲になっているそうである。
誰かについて曲を書いたりすることはあっても、
自分が曲になろうとは
夢にも思いもしなかった。

歌詞は抽象的で
私の存在と直感的に直結するかどうかは別として、
僕は素朴にそのことが驚きで嬉しかった。
同時に、曲を書くと言うことは、そのうれしい気持ちを
誰かに与えることも出来るのだ、と思った。

うれしいついでに曲を書いてくれ、
というと快くこれにも応えてくれた。
二か月くらい経ったある日、カセットテープが届いた。
人の作品を手にするという挙動も、
今さらながらまったく新しい感覚であった。
いつか作品として世に出したい。
曲は、難易度は高いように思われるが。
かような難しい曲をころころと転がすに息をたっぷり使って歌う、
彼はやはりただ者ではないと思う。

歌は正直得手ではない。
しかし自力で表現することがより大切と思うのである。

2005/3/22

昨日のこと
晩ご飯のしたくも嫌になったことだし
近所にあるお好み焼き屋まで行くことにした。
前からなんとなく存在は知っていたし
ネットでもチェックした。

辺りは暗いなぁ、とぶつぶつ言いながら歩いていると
「この辺だったけど・・」
しっかり見失う。
つぶれてしまったのかも知れない。
この界隈では良くある話。
しかもつぶれた店を今でも愛想良く紹介しているホムペもよくあるしなぁ。
(帰ってからもう一度確認してみると
「月曜定休」
そうなのだ、休日だが月曜でもあったのだ)

そんなこんなで歩いて今里の大通まで来た。
このまま帰るのもシャクなのでずんずん歩く。
店はいくつかあるが、どれも一人でポンと飛び込む勇気が湧かない
一文橋まで来て、長岡京市の駅界隈に何かあるわさ、と進路を変えた。
結局3KMほどあるいて、阪急の駅まで。

以前より少し気になっていた洋食屋さん「ぶる」で食事をとった。
ごく普通の街の洋食屋さん風。家族連れなどでたいそう賑わっている。

瓶ビールを注文するとやはりモルツ。
ラベルに「天王山」の地名が記してある。
街のあらゆるお店でモルツが出されるのだ。
僕もこっちへ来てからモルツが好きになった。

2005/3/23

曲を作る時、
歌詞をはめる作業がなかなか大変です。
ええ曲やのにー
歌詞がはまらないばかりにお蔵入りしているのもかなりあります。

理想は、曲を作る時に一緒に歌詞も書いてしまう
のがいいのですが、
器用さには欠ける人ですし、
限られた持ちネタから捻出するので
大概別に作ります。
楽譜に書けばいいのですが、
手っ取り早いので、
紙に××× ××××と言うふうに音を表記
その上に
「あさは はやいぞ~」とかなんとか歌いながら
つけてゆきます。

最近長らく作っていません。
というか、作れていませんね。
リハビリのために数曲書いてみたいと思います。

2005/3/24

22日の日記で、開いていなかった
お好み焼き屋に行ってみた
あった、あった。
まっくらなところに、煌々と輝くそれが。
入ってみると、おばちゃん軍団が食事会の真っ最中。

ビールと、キムチと、
店の名前をつけたお好み焼きを注文。
バイトのおねへちゃんのすすめで、
ねぎもトッピングしてもらった。

ぱち
と机に火が入る。
なんかガスくさいなぁ・・

キムチはとても塩辛く、
きっと近所のスーパーの安物のほうが美味いぜ。
そして、メインのそれは、しみじみ、
「もう、二度とここへはこないなぁ」
と思いながら食べました。

長い人生、こんなこともあるのだわ。
分厚く、生焼けって感じでした。
はじめからソースやマヨがドバーと載っており、
既にチューンナップは出来ない状態。
しかも熱くない。

帰りにおばちゃんに飴を貰ったのですが、
「飴までまずいわ」と思いつつ
降り出した雨の中をぬれて帰ったのでした。

2005/3/25

昨日につづいて、外食となりました。
帰りが遅いので食材が買えんのです。
コンビニの弁当なんていややし。

帰宅途中、通りがかりの店に寄ってみました。
定食をやっているのですが、
金・土の夜も営業されているとのこと
夜の部は定食はしないんだって。
やや、しまったという顔をしていると、
気を利かせて、作ってくれました。

カウンターではこゆそうな親爺さんが、
少し自分よか年下風のオバちゃんと飲んではりました。
なんかいうことエロい。
かくいう僕もその親爺さんとは偉い変わらん年齢なんやろな

いっぺんああいう親爺さん風に変装して、
カウンターで
おっぱいがどーとか、
せっくすがどーとか、
下品な笑いを振りまいてみたらどうだろう

と思いつつ
またもやビールを飲んでいるのでございました。

来週はちゃんと食事作りますね。

2005/3/27

日曜日。
京阪電車に乗った。
阪急電車と対比して、
ぐっと景色と電車が近く感じる。
赤さびたトタンの屋根も
黒々とした川の流れも
近付いては
ぐん
とはがれるように離れて行く
春寸前だ

藤森で降りて
青少年科学センターへ。
昔数度訪れたはずなのに
何も覚えていない。
ばねや、滑車や、川のいきものや。
子供の理科の学習教材、
であるはずが、
この年になって理屈がよく分からないものが
多数あって
落ち込んだ
へ理屈だけ身に付いた
ということかな

砂漠の夏と、京都の夏の環境を比較した
小さな密室が作られていた
同じ温度でも、湿度が違うと
これほどに体感温度が違う、
という狙いである
がしかし、その中は、
空調の異臭がたちこめていた
子供たちによると
「京都の夏はクサイ」
と、きっと感想に書くのだろう。

プラネタリウムは
よく眠れた。
明かりが落ちると
テキメンである。
「夜空を見ることなんてないよなぁ」
と思った。
あれから数度、見てみるが
曇ってばかりいる。

帰り道
お目当ての
「ポポロヒロバ」でお茶とケーキを。
食堂+カフェの雰囲気である。
「ハナコウエスト」にはちょっと載らないかも知れないけど
僕的には十分合格だ。
食事の種類も実に豊富だ
分厚いメニューにはズラーリと並ぶ
いやはや。
お暇な方はどうぞ。


Comments are closed.

TOP