ここです

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

やつてきました

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

赤ちゃんポスト

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

赤ちゃんポストの論議、報道を見て思います

これは、捨てる親のことより、
順番を、捨てられる赤ちゃんのほうを順番を先にして
考えるべきことだと思うのです
赤ちゃんは、捨てられる運命を拒めないし、
抗議する手段も持ち得ていないのです
無力なのです

赤ちゃんポストをやろうと、思ってくださった方は、
僕の代わりに、そう思ってくださったことだと思うのです
そうしなければならないと念じた
それに見合う、問題の在処を僕なんかより
身近に感じていることだったと考えるのです。

言われるように、
捨て子の助長かも分かりませんが、
そういう使い方をしてしまうのを責めても
事情はいたるところにあり、僕は無意味と思うのです
親としての責任を果たすのは、
責任を問うことが出来るのは、自分自身だけなんじゃないかと思うのです

しょうがなく、こぼれてしまったもの、
それを無心に受け止める「受け皿」でいいんじゃないでしょうか

僕は、支持しています。

横断旗

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

2007年06月06日

ネットニュースの片隅に
風見しんごさんの刑事裁判のことが載ってあって
娘さんの死亡事故のことを思い出した
それから、ブログを探して
なかでも「横断旗」の記事には
実にしみじみと読ませ頂いたのだ

「こどもに、いのちの大切さを教えましょう」
とよく口にすることがあり
「いのちの大切さ」が言葉の響きだけで、軽くならないかな、
と心配することがあります
それって、生きていて、感じとるものより、
なくして気付くものがはるかに大きいよね
でも、できることなら、
なくさずして気付き、
出来る手当ては出来た方がいい
そのためには、色々やり方はあるよね。

生きていて、十分に大切にしたいものだ
なくした誰かとは、一緒に偲んで供養したいものだ
そんなふうに、僕は残りの折り返しを、生きていたいと思う

さんちょ

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

昨日は、嫁の実家で田植えちうことで、
お手伝いをと楽しみにしていたが
田んぼにお水が入っていなかったのね
また来年
そんなこんなで
昼時に焼き肉を美味しくいただきました
結局昼をごちそうになるばかりで、
僕はなんのお手伝いも働きもしていないのであった

今日は、ブラッキーちゃんの修理と
GIBSON LesPaul Studioを委託販売に出すので
(MaxonのCS505が不調なので、代替を買う費用を捻出のため)
嫁サンのっけて伏見のEast Village Guitarへ
修理していただいている間
嫁サンを伏見のさんちょにご案内
サラダうまかねー
サンチョのサラダは、
ドレッシングにつけ込んである感じで
苦手な人は苦手かもしれませんが、
私は大好き

写真は伏見のサティにあった
富山の駅弁「ますのすし」
そっかー、1200円もすんのやね
なんか、無人のワゴンにがさっと積まれているだけで
さみしそーでした

TOP