Days in The Sun

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

浜田裕介のサイトの更新も2年ばかりサボっていて、
ここであらためていくつか書いてみたのでまた見てやってください。

もう何年頑張れるかわからんしなあ、お互い。
有終の美とか、いやな言葉やな。まだまだ伸びます。

明日も頑張れ、自分

店の名はたこまつ

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

夕方の風の爽やかな六月の壬生川通。

季節外れなのに「京都 おでん」で検索してみつけたのがこの店。
90年の超老舗らしい。
事前に営業を確認したところ、いまは季節ではないのでおでんはしていないのですが、
大皿にもったお料理をお出ししておりますので、よければとの丁寧なお返事だった。

6,7人で満員になるくらいの小さな店である
柱も、天井もコテコテである。

最近の酒は甘いとお嘆きの貴兄に辛口のキクマサを贈ります
と、そんなCMがあったけど
でもここは松竹梅。

店には
「特級」
「一級」
「二級」
とお品書きがある。

選択を迷っていると、熱燗だと香りが飛ぶのでお客さんは二級で十分だよ、と仰るとのお話
ではそのぬるいのを美味しくいただくことに。

十分美味しい。

冬にも是非訪れて、名物の聖護院大根も必ずいただいて、
ゆるり、ほっこりしたいもの。
ヤなことも、忘れるってことよね

18時30分ごろ、お勘定を済ませて、ゆるゆると島原大門の方角へ
長年京都に住まいながら、梅小路公園に来ることはあっても、すこし北の方角のこちらは足を運んだことはない

きんせ旅館、という小洒落た建物に遭遇。
カフェがあって、ここではウイスキーを舐める。
http://www.kinse-kyoto.com
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/1511014

さらにふらふら歩いて、

濃ゆい締めではありますが、
ラッキー餃子センターで、餃子一人前ずつたべて、ビールもいただいて帰り、
ゆっくり眠りにつきました。
楽しかった。

正宗屋相合橋

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

地球儀が揺れていて
偏西風は蛇行している。
君の国も、彼の国も、ヒステリックな指導者
空を駆けるのは善意か、爆弾か

それでも
花を手向ける人の心は、
みずみずしい雨の中で咲いているだろうか

めざすのはどっちだ

アレッポの街は泣いている

そんな日も、日常はひとつの矛盾と知りながら
僕たちはビールをグラスになみなみとついでいる。

お知らせ

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

大江です。

お知らせがあります。
遂にことし自分名義の音源を作ることとなりました。

曲を作り、演奏する、ということが自分にとってのライフワークのようなものでしたが、
なかでも、曲を作るということはとても大事です。
まったく意味をなさないかもわからないのですが、
評価していただける最低限の形にしておく、ということをしなくてはいけません。
やらないで終わってしまうことはとても後悔を生むものと予測されます。

数多くの録音には参加してきたのですが、
自分がメーンパーソナリティーになるということは、
正直どのようになるか見当がつきません。
これまで幾度か、計画はあったのですが、怖いもの知らずだったのでしょう。
いま、ビビりながら、試行錯誤して、いくつかの人の助けも得ながら、すすめたいと思います。

2枚作ろうと思います。
1枚目はシンプルな作品集の形態、
2枚目はゲストを交えたセッションのようになる予定です。

1枚目の録音は、昔から作るならここで、と決めていたマザーシップスタジオ、
うたは、東京から京都へとても素敵な歌声がとどく予定です。
 
詳しいことは、またお知らせいたします。
出来上がったら、耳にしていただければ幸いです。

2017年2月26日
オオエショウゾウ

IMG_1844

明けても暮れても

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

img_1966

 

年末に母が旅立ってしまって、抜け殻のような新年を迎えたけれど、
奮い立たなくては行けない。

父親はよく、(父の)祖父に市内に遊びに連れて行ってもらったという話をする。
チャンバラを見て、銭湯に入り祖父はよく昼寝をしたもので、
うどんを食べて、帰りには駄菓子を買ってもらったりしたようである。
家業は扇骨をやっていて、当時祖父はすでにご隠居だったというが、
先日その年齢を聞くと、ちょうど50歳、私と同じ年齢であったことのようだった。
そういう年齢に自分自身がなったということを考えた。

昨年話題になった伊藤若冲は、同様に家督を譲り、
その後は絵画に打ち込む人生だったというが、
今評価されているのはまさにその後の仕事である。
その後も錦市場の再興に尽力したということだが、
「ご隠居世代の働き方とそのテーマ」をよく心得るということをこれからしなくては行けないのだ、
と考えている。

年末に、地元の神崎屋さんで「プチおせち」を買った。
味が良くて、量も控えめで2500円という買いやすい値段で満足した。
2人暮らしなので、ちょうどいいのである。
来年もこれを取り入れるのである。

愛を止めないで

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

NHK-BSプレミアムで
オフコースのライブを見た。
1982年6月30日の日本武道館コンサート。
確か、VHSでも持っていた筈。
あまりにもインターバルが空き過ぎたお陰か、とっても、冷静に拝見した。

バンド「き〜みを抱いていいの〜(連呼)」
客席「キャー!」

こそばい感じ満点である。
若いって素晴らしい。
あの頃といえば僕も18歳かそんなんで、
客席のイモい娘達もということはいまはXX歳である。

「YES-NO」のドラムの4つ打ちは、
いまでもはっとする。
これでもか、という雨のようなコーラス、
これでもか、というまでのツインギター。
そして、大間さんのお約束のドラムソロ。

近影を見ると、みなさんお歳を召した感じである。
ヤッさんは、小田さんに負けぬ位、才覚に恵まれたソングライターであったが、
脱退後はため息が出るくらい印象がないのだ。

しかし、こうしてみるとなかなかにいいバンドである。
この時点で終わっておかなかったのは、今から見るとある意味残念な感じはする。
4人になってしまったその後の蛇足のようなオフコースは、源氏物語で言うと宇治十帖みたいに映る。

などと好き放題言うのである。

秋のライブ!!

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

ライブのお知らせなんです。
2つのアコースティックDuoをやっていますが、現在どちらも歌姫が長期休暇に入っておりますので、お友達と合奏させていただくことにさせていただきました。
お忙しいところとは存じますが遊びにきてください!!
10月25日(日)
京都嵐山「音や」にて「音やでランチ&ライブ」
13:00開演チャージ:1000円(オーダー別途)
出演:うさみみスタウト/戸田大地/ジョン松平/
Bloom*Broom(gt:オオエショウゾウ)

※この動画の「浜田裕介」に私が映っていますが、浜田裕介の「スケアクロウ」には私は出ません。客席で呑みますww
12月23日(祝)夜です。
京都嵐山「音や」まえざわよしこ+オオエショウゾウです。
(他出演あり。詳細は未定)
Bloom*Broomはアフリカンゴスペルをアカペラ中心でされている地元のグループ。
https://www.facebook.com/BloomBroom-378348212247188/
ブルブルの数名も、25日の戸田君も向日市在住。ご近所の輪が広がりそうです。
まえざわよしこちゃんはピアノ弾き語り。きれいな曲が多いです。クリスマスな雰囲気でお届け出来ると思います。音の上ではもう粉雪が舞っています。お楽しみに!

山崎

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

片田舎ではないのだが、
贅沢を言っちゃ困るのだが、
1日7本、
阪急バス80系統
は走っている。
電車だと190円所要10分でゆくところを、
320円払って45分かけて山崎まで行ってみた。

IMG_2758.JPG

マイクロバスなので
定員10名、かそんなもんだろう、
乗車、降車は同じドア、
降りるときにステップがあるのがご愛嬌

一本道を突っ走る電車とは違って、
紆余曲折
山沿いの住宅地に立ち寄っては引き返し、
途中、つっかえそうな場所を切り抜けてゆく。
心得ているワンボックスは、遥か手前で待ってくれる。

初老のご夫婦が
ぽつりと乗り、ぽつりと降り、
バスは行く

静かな、山崎の駅に着いた16時過ぎ、
美術館か、サントリーかどこかの帰りだろうか、
肩をまだ出した若い娘が談笑しながら道行くのが見えた。
空にはもう夏の名残は見えなくなった
ほんの1時間あまりの出来事だった。

IMG_2759.JPG

流星ラヂヲ倶楽部!!Podcast配信

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

学生と、社会人と外国人のちょっとユニークな情報誌「月刊CAMNET」がお送りする
メディアミックスプログラム”radio Camnet”の新番組

浜田裕介の”radio Camnet”流星ラヂヲ倶楽部!!
がPodcastに登録されました。
(インターネットラジオってやつです)

https://itunes.apple.com/jp/podcast/liu-xingradjiwo-ju-le-bu!!/id1029714574?mt=2

私がエレクトリックギターを弾いている
オープニング:「饒舌な雨のように 軽薄な月のように」
浜田の歌詞、私の曲による
エンディング:「蜜月のソナタ」
がON Airされています。

ぜひきいてみてください!

~EPO ヒットパレードパラダイス~

Filed in NO CATEGORY Leave a comment

11745505_844430028959640_4826713261179349013_n

7月末のハナキン
大阪・西梅田のランドマーク「ハービスPLAZA ENT」
周囲はいい感じで二の腕、一の腕を出した女の子たちが闊歩している。
やっぱ、夏なのだなあ。

ビルボードは初めて
敷居の高い感じがするから、一人でぶらり来る場所ではないと思ってた。

いい演奏だった。
高価なチケットにはひるんだが、
生ビールも、980円かそんなんだった。
フードも概ね1000円オーバー。
9時を回っていて、お腹も空いていたから、
一発で決めなくてはならない。
タパス盛りを頼んだ。
1600円。
実際、ビールのグラスは大きめ、
フードもしっかり美味しかった。
整理ナンバー順にオーディエンスを受け入れ
オーダーもちゃんと取ってくれる。
フードもいい感じのタイミングで運んでくれた。
お陰で演奏中にごちゃごちゃすることもないし
大人な対応だ。

シートは紳士淑女で埋め尽くされている。
が、時間帯もあってか、少し空きがある。
京都から、知人のギターリスト2名に車に乗っけてもらう。
久しぶりにギターの話になった。

これから、「これが見納めかも」とライブに運ぶ事がちょっと多くなるかもしれない。
「あれが最後だった」というふうになるのかも知れない。
レジェンド、と言われる顔ぶれなのだが、こだわる訳ではない
僕に取って、単純に、あたりまえに、現役で居てほしい
それだけである。

ご贔屓のギターリストが出演している
ということでも充分目的は果たせるのだが、
たとえばナマで中西康晴サンのオルガンやピアノの音に
どっぷり浸るのはホントいい時間だった

茂さんのポジションは遥かに遠い場所だったが、
いいのだ、生演奏は、何にも代え難い
たったほんの少し、宇宙から与えられたこのひととき、
はらはらと降りてくる音の美しい塵のような
いま一番心惹かれる音は、ハイファイな、バンドサウンドだ。

EPOさんの歌とステージアクトは、
きめ細かさと、音のかたまりを気持ちよくぶつけてくる威勢の良さ
機会があったら、幾つかの女性ヴォーカルを志す人には経験してほしいとも思う。
曲を書き連ね、詞を、空気を振動させて音に仕上げる、
そのさらに向こうに、さらなる可能性を見いだせると思うからだ。

ゆきの車の中で、EPOずきだった音楽仲間の女性
音信不通だったのだ
が、
再婚していまは幸せらしいという話をちょっと聞いた。

まるで曖昧な記憶の地図の上に置いておくポインタのような、
夏の一日の出来事となったと思う。

https://www.facebook.com/EPO.eponica

↓コピペ

J-Popular
EPO with 鈴木茂&Special Musicians
「35th Anniversary ~EPO ヒットパレードパラダイス~」
EPO with Shigeru Suzuki&Special Musicians
サービスエリア 7,900円  カジュアルエリア 6,400円 
7/24(金)
1stステージ開場17:30 開演18:30  / 
2ndステージ開場20:30 開演21:30

出演:EPO(Vo) 鈴木茂(Guitar) 田中章弘(Bass) 中西康晴(Piano,Keyboards) 若森さちこ(パーカッション)

TOP